数多くあるAndroidアプリの中から管理人が気になるアプリをチョイス。   老舗アプリから新アプリまで新しい発見のお手伝いをします。

 ワンクリックキーワード検索 →  おすすめ  生活  スケジュール管理  Twitter  QRコード  ニュース


画像はタップで拡大、閉じる時は中央をタップ
拡大画像の左右タップで前後の画像を表示します。
del.icio.usdel.icio.us Tweet RSS
Nexus 4(MVNOデータ専用SIM)でアンテナピクトを表示させる手順(セルスタンバイ対応)

 Nexus 4 (Android 4.2.x) で MVNOデータ専用SIM を利用している場合のアンテナピクト表示手順(備忘録)です。






 この修正は Nexus 4 ブローヴちゃん: Android 4.2.1 からの MVNO データ専用SIM で紹介されている GsmServiceStateTracker.smali 内の「if-nez v13, :cond_86」を「if-eqz v13, :cond_86」に書き換える手順です。

 実際に表示確認した端末は次のとおりですがアンテナピクト表示の判定が変わるため利用するアプリケーション等によっては動作が不安定になることがあるかもしれません。
 修正後動作が安定しないようでしたらバックアップなどから元に戻して下さい。

Google Nexus 4(LG-E960)
OS:Android 4.2.x
MVNO:IIJ mio高速モバイル/D
ROM:AOKP MR1 build 5
Recovery:TWRP 2.3.2.3 参考:TWRP 2.3.2.1を導入 - AndroidLover.Net
Kernel:franco.Kernel r97
PC:Windows 7 Professional SP1 64bit

必ず端末の完全バックアップを取った上で、自己の責任でお試しください。

【必要な環境】
 ・root化済の LG Nexus 4 (Android 4.2.x)
 ・USB接続された Nexus 4 に対して Java、adb コマンドが有効な Windowsパソコン
  ※この辺を参考:Android SDK adb環境の作り方 - サイゴンのうさぎ


【参考にしたサイト】
 ブローヴちゃん: Android 4.2.1 からの MVNO データ専用SIM
 たまに書く日々の記録: GalaxyNexus MVNOのセルスタンバイ対策を手動で行った時のメモ


【手動での更新の流れ】
  1. 端末のUSBデバッグをONにします。

  2. 端末を Java、adb コマンドが実行可能なパソコンにUSBで接続します。

  3. 端末のシステム領域をマウントします。
    ※adb shell mount -o remount,rw /system

  4. 端末内の /system/framework/telephony-common.jar を抜き出します。
    ※adb pull /system/framework/telephony-common.jar

  5. telephony-common.jar から classes.dex を取り出します。
    ※7za x -y -tzip telephony-common.jar classes.dex

  6. classes.dex を逆コンパイルします。
    ※java -jar baksmali-1.4.1.jar --api-level 17 classes.dex

  7. 逆コンパイルされた out\com\android\internal\telephony\gsm\ フォルダ内の GsmServiceStateTracker.smali をテキストエディタで開きます。

  8. 「voice_capable:Z」を検索し、次の行の「if-nez v13, :cond_86」を「if-eqz v13, :cond_86」に修正します。

  9. classes.dex を再コンパイルします。
    ※java -jar smali-1.4.1.jar --api-level 17 -o classes.dex out

  10. classes.dex を telephony-common.jar 内に戻します。
    ※7za u -tzip telephony-common.jar classes.dex

  11. telephony-common.jar を端末内の元の場所に上書きします。
    ※adb push telephony-common.jar /system/framework/telephony-common.jar

  12. 端末をリカバリーモードで起動し、Cache、Dalvik Cache を Wipe します。

  13. 端末をリブートして完了。

【自動バッチ】
 上記、手動での流れを自動化したバッチファイルを作成しました。
 次のファイルを任意のフォルダに解凍し、「autoupdate.bat」を実行します。

 Nexus 4(MVNOデータ専用SIM)アンテナピクト修正バッチ:Nexus4_CellStandby.zip

 ※上記手動での流れを自動化しただけですので、手動と同様の動作環境が必要です。
  必ず端末の完全バックアップを取った上で、自己の責任でご利用ください。



del.icio.usdel.icio.us Tweet RSS

タグクラウド
前後のエントリー